日本株と米国株、FXに投資して1年目。元本6万円を200万円まで増やしました。
国内リート

【配当金生活】インヴィンシブル投資法人(8963)が再び配当利回りNo1として君臨

インヴィンシブル投資法人(8963)

サラリーマンの方なら誰もが憧れるのが、働かずして配当金だけで生活することができる、いわゆるセミリタイヤというもので、それを実現するために、日々汗と涙を垂れ流して本業で神経をすり減らしている。

配当金だけで生活ができるのはごく一部の億という資産を形成することが出来た勝ち組であり、30代からそんな莫大な資産を築き上げるには投資でレバレッジをフルにして大成功するか、宝くじに当たる他ないだろう。

投資で成功する場合、少ない資金で大きな資産を作り上げるのはリスクが高い分、リターンも大きいが、もし失敗こいた場合にはドン底の人生に転落する可能性があるので、投資する際には市場との戦いが起きることを覚悟しておきたい。

本題と関係ない冒頭になってしまったが、配当生活を実現するにはある程度の数のJ-REITをポートフォリオに組み込んでおり、最近特に下落が目立ったインヴィンシブル投資法人(8963)を紹介しよう。

インヴィンシブル投資法人(8963)が再び配当利回りNo1として君臨

インヴィンシブル投資法人(8963)

インヴィンシブル投資法人(8963)はどんな銘柄かというと、国内および海外のホテルに物件を持つJ-REIT(不動産投資信託)であり、2020年01月30日時点で配当利回り6%を超えている。

現時点で配当利回り6%を超える銘柄はインヴィンシブル投資法人のみであり、この利回りの高さは右に出る銘柄はないだろう。

つい最近まではインヴィンシブル投資法人(8963)は利回り5%程度だったものの、とある世界的な出来事を境に株価が下落し、より高配当化してしまった感じである。

そう、話題になっている中国発症のコロナウイルスの影響で色んな銘柄が売られ、株価はナイアガラの滝のように下落し、日産自動車をはじめとする大型株が下落を続けている状態だ。

世間ではこの株式下落について「武漢肺炎ショック」とも呼んでいる。

インヴィンシブル投資法人(8963)は私も1口だけだが投資をしており、2019年は折角株価が6万円台と絶好調だったのに、コロナウイルスのせいでプチ暴落しているのではないか(激怒。

J-REIT(不動産投資信託)の利回りランキング

インヴィンシブル投資法人(8963)

2o2o年1月30日時点のJ-REIT利回りランキング。

配当利回りTOPとしてインヴィンシブル投資法人(8963)は君臨しており、6%を超える唯一の銘柄となっている。

後は5%台の銘柄はごろごろ存在しており、いかにJ-REITの利回りが高いのかお分かりいただけたのだろう。

ちなみに2位のいちごホテルリートはインヴィンシブル投資法人(8963)と同じく、ホテル系のJ-REITではあるが、決定的な違いとして、保有物件数が圧倒的に少ないのと、時価総額が少ないという点だ。

いちごホテルリートに投資するならインヴィンシブル投資法人(8963)でもことが足りる話だが、利回り重視でホテルリートをポートフォリオに入れたい方は検討しても良い銘柄だろう。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変助かります☆ 株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家。