日本株と米国株、FXに投資して1年目。元本6万円を200万円まで増やしました。
その他

【高配当株】トーセイ・リート(3451)、さくら総合リート(3473)、タカラリート(3492)を売却したので35万円が浮きました

配当金生活・高配当株

どうも~!

高配当株は保有しているだけでも私たち投資家に配当金という果実を生んでくれるため、出来るだけ多くの株を保有していると特に何しなくても得られる不労所得は限りなく増大していく。

時には不労所得を生んでくれる銘柄の業績が悪くなって減配を発表してしまうと、ただちにその株価は売られるので、たまには業績確認といったIRチェックも必要だろう。

最近、J-REIT(不動産投資信託)が過熱しすぎて、保有している銘柄の株価が25%も上昇していたため、ちょっと思い切って売却し、違う銘柄に乗り換えようと思った次第である。

2020年は東京オリンピックも開催されるせいか、外国人投資家にもJ-REITは人気の投資先となっており、オリンピックが終焉を迎えた頃にはどうなるか未定だが、いずれ今の上昇の勢いは止まると考えている。

売却したJ-REITと浮いた投資マネー

トーセイ・リート投資法人()

私が今まで保有していたJ-REIT銘柄6つのうち、3つの銘柄を売却することにしたので、それによって得られた含み益は+7万円だ。

そして売却した銘柄はこちらの3つ。

  • トーセイ・リート(3451)
  • さくら総合リート(3473)
  • タカラリート(3492)

一部のJ-REIT売却の理由は別の投資に乗り換えたかったのと、売却した資金の一部で保有している米国株の口数を増やそうかなと思ったところだ。

今回の一部のJ-REITの売却で浮いた投資マネーは35万円。

ありがとう高配当株達、また会おう(私が金銭的に余力があった時にまた買い戻しますから・・

購入を検討している国内株、米国株と米国ETF

投資をするうえで人それぞれだが、私は「分散投資」を日ごろから心がけている。

一つの投資セクター(例えば不動産)だけで集中しすぎると、もし天変地異などでその不動産が没になってしまった場合、元々も子もないので、複数のセクターに分散して投資するのが良いだろう。

実は35万円のうち、既に以前から保有したかった三菱UFJフィナンシャル・グループを100株購入したので、これでみずほフィナンシャルと合わせて、金融株を保有することとなる。

三菱UFJは業績が安定しており、また国内最大のメガバンクであるため、J-REITほどはリスクは高くないと考えている。

米国ETFではSPYDという銘柄の買い増しを検討しており、既に2口買い増し注文を入れている状態だ。SPYDは米国のS&P500の高配当銘柄に投資しているETFなので、配当金大好きな日本人投資家には根強い人気を誇る。

そして個別株ではインベスコ(IVZ)、HSBCホールディングスといった高配当銘柄も追加で買い増ししようと考えているところだ。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変助かります☆ 株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家。