日本株と米国株、FXに投資して1年目。元本6万円を200万円まで増やしました。
配当分配金

【配当金生活】投資法人みらい(3476)から配当金を頂きました

投資法人みらい(3476)

おいっすううう!

投資金額は調べていないので分からないが、推定1億円以上は投じてるであろう皆さんもご存じな桐谷さんという優待生活している個人投資家が羨ましいねるでございます。

2億円くらいあればストレスまみれの本業を完全引退して配当金だけで暮らせることはできるし、それで毎日11時に起きて夜更かししても、幸せな日々を送ることができるであろう。

ただ、問題ないのは一体どうすれば若いうちに億という資産を築くか問題になってくるけど、普通にサラリーマンやっていて毎月2~3万程度の資金を定期積立したとしても、何十年もかかることは間違いない。

FXや仮想通貨といった危険極まりないハイレバ投資で大成功すれば可能性はあるが、逆に破綻するリスクもあるので、やはり株式投資が資産形成に最も向いている投資術であると考えている。

そんな夢を見る中、先日郵便ボストに投資法人みらい(3476)より配当金のお知らせが届いたので、いくら貰ったのか紹介するコーナーでございます。

投資法人みらい(3476)から配当金を頂きました

投資法人みらい(3476)

投資法人みらい(3476)は1口だけだが保有しており、今回頂いた配当金は1,563円。

SBI証券で開設したNISA口座で保有しているため、配当金に伴う所得税が免除されるのでとてもお得でございます。

J-REIT(国内の不動産投資信託)は保有しているだけでも、年間2回(中には年に1回)も配当金を支払ってくれるため、配当金生活をするうえで資産全体の20%程度に収めたいと考えている。

2020年01月18日現在では株式の運用資金が190万のため、40万円ほど複数の銘柄に分散投資しているところである。

まあ、30代後半にしては運用資金が他の投資家に比べるとかなり低い部類に入っていることを自負している。

投資法人みらい(3476)はどんな銘柄?

投資法人みらいはJ-REIT(不動産投資信託)の中でも資産規模が1,437億円と中規模くらいであり、主にオフィス、商業施設、ホテルと物流施設に投資している銘柄だ。

そしてこの銘柄の取得価格が最も大きい不動産が232億円の川崎テックセンターだ。

どんな建物かは直接見たことはないが、googlemapで調べてみると川崎駅からかなり近いため、需要のある不動産であることは間違いないのではないだろうか?

J-REITは個人でも直接不動産を購入しなくても、お金を集めてプロのファンドマネージャーが不動産を取得して運用するため、実物の不動産を保有するよりはリスクは低いと考えている。

地震や津波といった自然災害には気をつけるべきだが、それはJ-REITに限らず我々の住まいにも言えることだろう。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変助かります☆ 株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家。