日本株と米国株、FXに投資して1年目。元本6万円を200万円まで増やしました。
株主優待

【配当金生活】ビジョナリーホールディングス(9263)の権利落ち日が迫る!

ビジョナリーホールディングス(9263)

いつも当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。個人投資家のねるです。

10月末までに買うことができるお得な優待株として、私が一番おすすめするのはビジョナリーホールディングス(9263)という銘柄で、ビジョナリーホールディングスの優待利回りは他の優待銘柄に比べると群を抜いています。

なお、ビジョナリーホールディングスは東京都中央区に本社を置き、メガネ、コンタクトレンズ、補聴器などを取り扱う「メガネスーパー」といった大手メガネチェーンを傘下に置く企業です。

ビジョナリーホールディングス(9263)の権利落ち日が迫る!

ビジョナリーホールディングス(9263)の株を10月末の時点で最低でも100株保有していると、3ヵ月後にはお得な優待品を受けることができる権利があり、今なら資金たった4,200円で100株を買うことができるため、株価が安い今、チャンスであることは間違いない。

ビジョナリーホールディングス(9263)といえば、かつて東京証券取引所に「メガネスーパー」という企業が上場していたが、ビジョナリーホールディングスがメガネスーパーを買収したことによって、ビジョナリーホールディングが上場することとなったのだ。

ビジョナリーホールディングスは大手メガネチェーンで、子会社にはメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシ、VISIONIZE(ヴィジョナイズ)、エンハンラボといった企業を傘下に置いていることで有名である。

ビジョナリーホールディングス(9263)ビジョナリーホールディングス(9263)のチャートはSBI証券より引用

ビジョナリーホールディングスは上場して以来、2018年の夏は株価がピークとなる200円付近まで上昇するが、その後はメガネ販売の不振の影響を受けてしまい、その結果として株価は高速ジェットコースターのように下落することとなります。

最安値が2019年09月02日の時点でつけた35円で、35円の時点では最大の買いチェックではあったため、09月02日以降はゆっくりとしたペースで上昇トレンドに転換しており、株価は回復を見せています。

35円で株価を買うならキャピタルゲインを狙うのもいいし、そのままガチホでお得な株主優待をもらうこともいいし、買わない選択肢はないだろう。

ビジョナリーホールディングス(9263)の優待はお得

ビジョナリーホールディングスは、毎年4月末と10月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数や保有期間に応じて『株主優待券』(30~40%割引券)と『2万円相当のメガネレンズ仕立券』を年2回贈呈」というものでした。

株主優待品は、従来の「株主優待券」が廃止され、「メガネレンズ仕立券」は継続して贈呈され、その追加で「アイケアサービス利用券」や「トータルアイ検査プレミアムコース券」「リラクゼーション10分券」が株主優待として豪華賞品となっています。

2019年11月1日に株式併合(10株⇒1株)を実施予定しています。

併合前の2019年10月末の株主優待と、2020年4月末からの株主優待では配布基準が変わるため、注意が必要です。

ビジョナリーホールディングス(9263)において10月末までに100株を持っていると、お得な株主優待を受けることができるので、優待品としては眼鏡関連なので、日常で眼鏡を使う方にとってはとてもお得な商品でしょう。

  • 2019年10月の株主優待の内容はこちらです。
100株以上 (4,000円必要)
  • 1000円相当のアイケアサービス利用券

※来店時に「リラクゼーション10分券」(1000円分)か「各種検査の補助券」(1000円分)を選択して利用。

1,000株以上 (40,000円必要)
  • メガネレンズ仕立券 2万円分
  • トータルアイ検査プレミアムコース券
    8000円分
  • リラクゼーション10分券 2000円分
10,000株以上(400,000円必要)
  • プレミアムメガネフレーム券 6万円分
  • プレミアムメガネレンズ仕立券 6万円分
  • トータルアイ検査プレミアム券 2万円分
  • リラクゼーション 10分券5000円分

ビジョナリーホールディングスを買うタイミングが悪かったのか、私は下手クソなので45円という高値の時点で3300株を購入しており、時価総額としては148,500円もSBI証券にて特定口座で投資していることとなります。

ビジョナリーホールディングス(9263)

尚、2019年10月01日現在、42円の時点で優待利回りは23%と高水準になっています。

ビジョナリーホールディングス(9263)は株式合併を予定している

2019年11月01日、ビジョナリーホールディングス(9263)は株式合併を予定しており、10株が1株になるそうです。つまり、今まで100株を保有していた方は10株となるため、来年以降で株主優待をもらうのに+90株を購入しなければいけないという形となります。

2019年10月01日現在、1株42円のため、4,200円で100株を買うことができるが、株式合併することによって100株が10株になることで、さらに90株を追加するには38,000円の資金が必要になりそうだ。

11月1日の効力発生日以降、株主優待の取得株数にご注意ください。

ビジョナリーホールディングスの株式併合後、2020年以降の株主優待は以下通りとなります。

100株以上 (42,000円必要)
  • メガネレンズ仕立券1万円分×年2回
  • トータルアイ検査プレミアムコース券8000円分×年2回
  • リラクゼーション10分券2000円分×年2回
1000株以上 (420,000円必要)
  • プレミアムメガネフレーム券6万円分×年2回
  • プレミアムメガネレンズ仕立券6万円分×年2回
  • トータルアイ検査プレミアム券2万円分×年2回
  • リラクゼーション10分券5000円分×年2回

さらにビジョナリーホールディングスの株を100株、5年以上も保有しているとさらに「メガネフレーム券1万円分」が年2回贈呈されるので、長期保有するにはお得な優待銘柄だと考えています。

ビジョナリーホールディングスの株主として、お得な優待品を受けて1年に1回くらいは新しい眼鏡を作っていこうと思います。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。こちらのボタンを押して、応援していただけると大変助かります☆ 株式ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
個人投資家
ねるねる
30代リーマン、システムエンジニアをやりながら米国株と日本株を日々研究する個人投資家。